So-net無料ブログ作成
検索選択
真珠の話 ブログトップ

魅惑の黒蝶真珠 [真珠の話]

黒い南洋真珠は黒蝶貝という種類の貝から採れる真珠です。
タヒチ産が一番有名ですのでタヒチ黒蝶真珠とも呼ばれています。
少し前にNHKで見たのですが、このタヒチでの養殖技術を指導したのは
日本の技術者なんだそうです。タヒチの人達にノウハウを教え、
それがタヒチの一大産業にまで成長したのですから、
日本の養殖技術のレベルの高さはスゴイな~と改めて思いました。

この黒蝶真珠。ひとくちに黒といっても色のバリエーションが豊富です。
シルバーグレーっぽい物から真っ黒なものまで。
光沢の中にちょっと赤みがかかったり、緑がかったり。
中でもピーコックカラーと呼ばれる色合いが最高級と言われています。
本当に孔雀の羽のような緑がかった光沢のある黒で思わずうっとりとしてしまいます。

tahiti3.jpg
黒緑に光るピーコックカラーの黒蝶真珠。白蝶貝の貝殻の上に乗せて撮りました。

tahiti2.jpg
シルバーグレー系の色の黒蝶真珠。ドロップの形もエレガントです。
*こちらはオーダーメイド商品です。(インドネシアの職人による手作り!)


黒蝶真珠はバロックといった変形やサークル(環状線)の入った真珠となる
ケースも多く、一般的にまんまるの物よりも価格は下がりますが、
好みやデザインによってはそういうユニークな形の真珠も
また味があっていいなあと個人的には思います。

tahiti1.jpg
私達のお店で販売していたサークルの入ったバロック珠のネックレス
確かロシア人のお客様がご購入されました。


インドネシアで黒蝶は取れるのか?このはっきりとした答えをいまだ私は知りません。
実際、黒蝶を養殖している場所を知らないし、取れないとも聞きました。
ある養殖技術者は不可能ではないはず、ゼロとはいえないと言っていましたが。
そんな状況ですので、ここインドネシアでは黒蝶の方が
白蝶(ロンボクなどで採れる白、ゴールドの真珠)より貴重で高価というイメージがあるようです。

真珠というと、白、ピンク、ゴールドの色を連想しがち、或いは無難なので選びがちかも
しれないですが、気品あふれる黒真珠を一度ぜひ身に着けてみては?と思います。


★本日のおすすめの一品★
GTP004230.jpg
[GTP004]

真珠は艶のあるピーコックカラー。オフラウンドの形も可愛いです。
クリッカータイプですので、真珠のネックレスにつける事も出来ます。
★チェーンは付属しておりません★

○真珠の種類 : タヒチ黒蝶真珠
○真珠の色  : ピーコック
○真珠の形 : オフラウンド
○真珠の大きさ:10mmup
○真珠のグレード:AA+
○ダイヤモンド : 0.06ct
○材 質 : K18WG
○ペンダントの大きさ(真珠除く) : W0.7cm×H1.3cm
●価 格 : 48,000円


♪お知らせ♪

日本への送料を値下げしました!全国一律¥1,000でお送り致します。

さらにお得なコトに! 
商品合計金額が¥15,000以上で、送料を無料に致しま~す
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

気軽に淡水パール。 [真珠の話]

真珠は大きく分けると海水で作られる物と、湖などの淡水で作られる物があります。
今日は淡水で作られる真珠のご紹介。
日本語では「淡水真珠」、英語で「フレッシュ ウォーター パール」、
インドネシア語では「ムティアラ アイル タワール」と言います。

日本の琵琶湖で養殖が始まったそうですが、現在は中国産が殆どです。
色もホワイトを始め、ピンク、ローズ、オレンジなどバラエティに富んでいます。
形は楕円が多いですが、ドロップやスティック状の物などもあります。
価格も海の真珠に比べるとずーっと安く、気軽に買って楽しめる真珠です。
ビーズアクセサリーのパーツとしてもよく使われており、一連で売っていたりします。

少し前にバリのお祭の時にクバヤと一緒につけようと思い、
淡水パールとスワロフスキーのネックレスを作ってみました。
ただ糸に交互に通すだけでとても簡単。
ちょっとの工夫でオリジナルのアクセサリーが楽しめるのも淡水パールならではと思います。

p-ne1.jpg
奥に見えるのは、お揃いで作ったピアス
ボール状に編んだスワロの先にパールをつけました。


ロンボクは南洋真珠という海の真珠が名産ですが、海岸やお土産物屋さんで売っている
安い真珠のネックレスなどはまずは淡水パールですので、くれぐれもご注意してください。
もちろん、承知の上で簡単なお土産としてそれなりの価格でお買い求めになるのであれば
全く構いませんが、南洋真珠のつもりで買ってしまったらとてもショックですよね。
(ただ最近は養殖技術の向上で、あこやや南洋真珠と見まがう程にまんまるで大粒の物もあります。
それなりにいいお値段もするようです。)

個人的には気軽につけられる淡水パールを日常楽しみながら、南洋白蝶やタヒチなどの本真珠で
ばっちり決める時は決めたい(ここにいるとそんな機会が殆どないけど)ところです。

★本日のおすすめの一品★

r-pl004b.jpg
[SFR004]

とても個性的なリングです。指に巻きついたような感じになります。
ラブラドライトの不思議な色合いと白いパールが品よくマッチした一品です。

★真珠の種類 : 淡水真珠(7×6mm)1個
★他の宝石 : ラブラドライト(10×7mm)2個
指輪のサイズ : 14号 (輪になってないので、前後いくらかフレキシブルです)
★材 質 : シルバー925
☆価 格:2,300円

♪お知らせ♪

日本への送料を値下げしました!全国一律¥1,000でお送り致します。

さらにお得なコトに! 
商品合計金額が¥15,000以上で、送料を無料に致しま~す
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ゴールデンパールの魅力。 [真珠の話]

インドネシアは南洋白蝶真珠の名産地ですが、
特にゴールデンカラーの真珠が多く採れるとして有名です。
この真珠は輝きや色合いがまさに金色で、採れる数も多くなく、
まんまるで傷も少なく照りもいいとなるとなかなかのお値段になります。

当然の事ながら真珠は大きくなれば成る程、価値があがるので同じ品質でも
1~2mmの違いでお値段もだいぶ変わってきます。
逆を言えば大きさは同じでもキズが多めだったりテリが弱かったりすれば価格は下がります。
サイズ的には11mm近くなると大きいな、立派だなという感じがします。
問題の価格ですが、真珠に限らず宝石というのは大体いくらぐらいと言うのが難しく、
有名デパートと激安店では何でこんなに?と思うぐらい価格の差があると思います。

golden1.jpg
白蝶貝に乗っけて撮影してみました。まさに黄金の輝き!ゴールデンパール

私達もこのゴールデンに魅せられて真珠の行商が来ると色々見せてもらいますが、
トリプルA(テリ、巻き、キズ全てトップレベル)にはなかなか出会えません。
テリがよくてもキズがちょっと目立つなあ・・・というパターンが多いです。
真珠は自然の産物で海の中でもまれて育つのでムキズというのは不可能に近いのです。

真珠に限らず、宝石類は価格と価値が見合っているか分からないという方は多いと思います。
特にネットショップの場合は写真と説明だけが便りですから難しいですよね。
まずはお店が明記している説明、真珠ならランク(テリ、巻き、キズ)と形、サイズ、色を読んで、
自分の譲れないポイントはどこか?或いは妥協してもいい点は何か?を考えながら
予算と照らし合わせるのがいいかと思います。
もちろん何よりも一番大事な事は、そのジュエリーを気に入ったかどうかですが。

GSPC003.jpg
ペンダント(チェーン付)
ゴールデンパール11.5mmup ランクはAAAです。
このゴールデンに似合う枠がなかったので、自分でデザインして工房に作ってもらいました。
ペンダントの材質はK18、ダイヤモンドが可愛らしくついてます。
★今なら82,000円→20%OFFで、65,600円です。お買い得です!

GSR001.jpg
リング
高品質のゴールデンカラーパールです。サイズは11.5mmup ランクはAAAです。
真珠の素晴らしさを最大限に引き出せるようにリングはシンプルなデザインに致しました。
こちらもオリジナルです。(材質:K18、付属の石:ダイヤモンド)
★今なら98,000円→20%OFFで、78,400円です。いかがでしょう?

真珠といえば冠婚葬祭のイメージがまだまだ強いかもしれませんが、
こういうゴールデンカラーなら普段からおしゃれに使えると思います。
真珠を買ってみたい、だけど何を買っていいか分からないという方は
ゴールデンを探してみてはいかがでしょう?その美しさにきっと魅了されるハズです。

♪現在、3段階ディスカウントキャンペーンを実施中です♪

◇STEP1 商品合計金額 15,000円まで ************* 10%OFF!
◆STEP2 商品合計金額 15,001から30,000円 **** 15%OFF!
◇STEP3 商品合計金額 30,001円以上 ************* 20%OFF!


(2009年6月25日まで。詳しくはショップのウエブをどうぞご覧下さい)

この機会にインドネシア産の美しい真珠をおひとつどうぞ!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

真珠の話 ≪南洋白蝶真珠の巻≫ [真珠の話]

インドネシアで養殖されているのは、殆どが南洋白蝶真珠という種類です。
ロンボクは養殖に合った綺麗で穏やかな海があるため、多くの養殖場があります。
とはいえ、ロンボクで真珠のお店にいかれた方はご存知かもしれませんが、
名産地=高品質な物を良心的なお値段で、というお店は実は多くはありません。
というのも、まず出来のいい真珠は殆どが海外に輸出されてしまうからです。
それともうひとつ、デザインの問題もあります。いまひとつ垢抜けない・・・
そんな思いをもった方は多いのではないでしょうか?
そして最後に価格。質:価格で考えると見合っていない(高い)ところも多いです。

pearl_mix.jpg
まだルースのままのMy真珠達。黒いのはタヒチ黒蝶真珠です。

私達はまだまだ真珠のジュエリーの扱いを始めて日が浅く、勉強中ではありますが、
そういう、ロンボクの真珠=お土産レベルというイメージを少しでも変えていきたい、
そしてジュエリーとして価値のある品物をご提供していければと
密かな野望を胸に抱いております。(メラメラ)

先程、多くのよい真珠は外に出てしまうと書きましたが、
ここには全く残っていないかといえばそんな事はなく、
ちょこちょこ真珠の玉を見せにやってくる売人から
気に入った真珠を買って集めては商品にしています。
なので何十個の中から2、3個、もしくは全く買わないという事もしばしばです。
(大会社のようにオークションでキロ単位で買いとる資金がないという事もありますが(^_^;)

南洋白蝶真珠はホワイト、シルバークリームイエロー、ゴールドなどの色があり、
大きさは9mmぐらいから12、3mmぐらいまでが一般的ですが、15mmを超える大玉もあります。
質の良い真珠とは、テリ(輝き)があり、巻きが厚く、キズが少ないというものです。
ただ、自然の産物なので多かれ少なかれ、どこかにキズはあると思ってください。
それが小さくて目立たなくて、そして大事な事ですがリングやペンダントを作った時に
隠れてしまえば問題ない訳です。
ですから選ぶ時はキズがあるかないかではなくて、どこにどんなキズがあるかをチェックします。

pearl_14mm.jpg
14.7mmの大玉。テリもよく(私が真珠に映ってます)、キズも少ない。
かなりいいお値段になってしまうので、まだどんなジュエリーにしたらいいか決められません。

pearl_hikaku.jpg
右は11mmの真珠。14.7mmってやっぱ大きいですね~。

pearl_golden.jpg
希少価値の高い、ゴールデンカラー。
ちょっと映りがいまいち甘くてすみません。本当はもっとゴールドゴールドしてます。


pearl_16mm.jpg
まんまるではないけれど、ペンダントにしたら存在感あるだろうなあ~。
18mm近くある大玉です。


真珠は母体となる稚貝を育ててから、浜揚げ(真珠を採取する事)まで
3年前後の長い日数がかかります。
その期間、ただ成長を待つ訳ではなく色々手間隙をかけて世話をしなくてはならないし、
そこまで手厚く育てても海の状況などで思うような成果がでない事もあるのです。

だからこそ、美しい真珠を目にした時は感激もひとしおなのだと思っています。
また綺麗な真珠が手に入ったら、皆様にご紹介します!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
真珠の話 ブログトップ
shop_logo_100_80.jpg
★南洋真珠、シルバーアクセサリーのお店★
blog.jpg
☆Dewiの犬+猫+ロンボク暮らしブログ☆ Junko Kadoi

バナーを作成
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。