So-net無料ブログ作成
検索選択
好きなコト、好きなモノ ブログトップ

インドネシアの男性は石がお好き? [好きなコト、好きなモノ]

インドネシアの男性は石好きが多いです。石、つまり宝石の事です。
パサールなんかに行くと、ところ狭しと色んな石の指輪がずらっと
並んでいたりします。

日本だと男性が指輪(しかもゴツいデザイン)~?
ちょっとヤだなあ、そっちの筋の方みたいだし・・・という感じでしたが、
なかなかどうして、インドネシアの男性、指輪が結構似合うのです。

ワヤン&彼のお父さんもご多分に漏れず石好きで、小金が出来ちゃあ、
パサールにいそいそ出かけて、本物かどうか分からない石の指輪を買ってきます。
値段も数百円から高くても3千円程度なので、ささやかな趣味として
お母さんは目をつぶっているようですが、
私は「パサールなんかで買っちゃダメ~」と釘をさしているのでワヤンは現在自粛中。
一応ジュエリーを扱っている身としては、人工石や訳わからない石で
喜んでいて欲しくないんですよね~。

batu1.jpg
ワヤン&お父さんの指輪コレクション(一部。この他裸石も多数)
こちらの男性はこーゆーゴツイのをいくつも指につけたりします。

でも中には思いがけず、本物、しかもなかなかお値打ちの石がない訳ではないので
そういう掘り出し物を見つける事が醍醐味になればいいんですが、
素人が自分の目だけで本物かどうか、価値があるものかどうかを
見抜くのは難しい事です。

昔むかし、こんな事がありました。
ワヤンのお父さんが何かの石を買った時に店のおじちゃんがおまけでくれた
赤い石。
まさかな~、と思いながらも日本に帰省した際に鑑別してもらったらホンモノでした。
売っていたおじちゃんもこの石が本物か知らなかったんですから、いい加減なものです。

batu3.jpg
ホンモノだったスタールビー。10カラット以上あります。
とりあえず、地元のゴールドショップダイヤモンドとゴールドを使って指輪にしましたが、
デザインやフィニッシングがイマイチ(イマ5ぐらいかも)なので、いつか作り直したいです。

こーゆー事も稀にあるのでしょうが、基本的にはパサールでの石探しはあくまでも
お小遣いの範囲で、色気を出さず、欲を出さず、楽しむのがいいんだと思います。
おじさん達がパサールでああだこうだと品定めしたり、
お互いの石を見せあいっこしてる姿はなかなか微笑ましい姿ではありますし。

batu2.jpg
ワヤンが指輪をはめた自分の手を撮影してフォトショップでデザイン。
いつか、すべてホンモノのお高い石で指を埋め尽くしてほしいものです。

『人気ブログランキング』に参加しています。
毎度まいど、ありがとうございます。今日も宜しくポチッとお願い致します。
人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

EX-Z3へのレクイエム。 [好きなコト、好きなモノ]

長年愛用していたデジタルコンパクトカメラがとうとう壊れてしまいました(涙)。
彼の名は、カシオEX-Z3。
まだ日本に住んでいた頃、ほんの楽しみ&お小遣い稼ぎ程度の気持ちで、
バリのシルバーアクセサリーを販売するネットショップを開いていたのですが、
これは商品撮影用に初めて購入したデジカメなのです。

casio1.jpg
カシオのEXILIMシリーズのごく初期のモデルです。
2003年購入。

当時、何がいいかあまりよく分からずに買ったこのカメラ
使ってみたら本当に素晴らしくて大好きになりました。
アクセサリー撮影で大切なのは接写の機能ですが、これが抜群に優れているのです。
320万画素だし、ズームも3倍だし、ととんでもなく古ぼけた機種なのですが、
この接写能力は新機種も負けてしまうのでは?というスゴさです。

casio2.jpg
casio3.jpg
casio4.jpg
見てください!この接写の素晴らしさ。
これがコンパクトカメラだなんて・・・。ほれぼれしてしまいます。
(これらの商品は、当時販売していたシルバーアクセです)

チャージャーが壊れた時も他の機種を買う気が起きず、
日本に帰省した時に修理して使い続けていたのですが、
先日ついに撮影機能そのものがダメになってしまいました。

ブログを始めた今、手軽に撮影が出来ないのは非常に困ります。
デジタル一眼レフも持っているのですが、日常のスナップをいちいちそれで撮るのも大変だし、
修理にもすぐには出せないし、と覚悟を決めて新しいコンパクトデジカメを買いました。

EX-Z3、惜しまれつつ引退です。長い間本当にご苦労様 & ありがとう!
キミのお陰で商品撮影はもちろん、楽しい思い出もいっぱい撮れました。
これからもキミに勝るカメラは出てこないよ、と思ってます。

casio.jpg
ロンボクのお店で新しく買った同じくカシオのEX-V7。
やっぱ記録媒体が同じ方がいいのでこれにしました。
まだいまいち、あうんの呼吸、ツーカーの仲になってませんが、
Z3の後釜、しっかり頼んまっせ。

『人気ブログランキング』に参加しています。
毎度押して下さる皆様、ありがとうございます。今日もポチッと宜しくお願い致します。
人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Let's Surf in Gerupuk! [好きなコト、好きなモノ]

9月20日から22日まで、南ロンボクのグルプックという村に行ってきました。
ここはサーフポイントとして有名で、日本からも多くのサーファーが集まっています。
特に今週は日本がシルバーウイークなので、たくさんの日本人のお客さんが来ていました。

今回の目的は当然、サーフィン。いい年をして何をまた・・・ですが、
前々から一度やってみたかったもののなかなかチャンス&勇気がなく。
そんな私がやる気になったのも、グルプックに日本人のサーファーのご夫婦
住んでいらっしゃるからなのです。
このご夫婦、斉藤健一さんとまゆみさんは波乗り好きが高じて
ロンボクに移住してしまったというお二人です。
ベテランサーファーが一緒だったら怖い物はない!と、
ロンボク☆ラブの友達と一緒にチャレンジする事になりました。

kuta01.jpg
グルプックの海。この3日間はあいにくのお天気で、雨がよく降りました。

kuta02.jpg
イスラム100%の村だというのにワンコが一杯。
なぜかビーチに一杯たむろしてます。なかには穴を掘ってそこに
入っているワンコも(右上)。あったかくて気持ちいいんでしょうか?


初日はまずパドリングの練習。パドリングとはサーフボードの上に腹ばいになって
手をクロールのように回して水をかいて進む事ですが、これがまた異常にきつい!!
むやみにバシャバシャやってもあんまり進まないし疲れるばかりです。
師匠の健一さんのパドリングはひとかきでスーっと進んでいきます。
まるで水の上を滑っていくようで何の苦労も感じられません。

パドリングが上手く出来なかったらサーフィン出来ないぞーと師匠に言われ、
私達は必死になって練習しましたが、すぐにはーはーぜいぜい。
とうとう初日はこれだけで終わってしまいました。(とほほ)

kuta04.jpg
疲れてボードの上で休むの図。情けなーー。(撮影:斉藤まゆみさん)

2日目は朝から雨。でもサーファーは雨ごときでめげてはいられません。
というか、雨の時の方が風が少なくてサーフィンには向いているそうなんです。
今日こそはちょこっとでもいいから滑ってみたい!筋肉痛の肩と首をかかえながら
レッツトライ!です。

kuta03.jpg
いざ出発~~!2日目からロンボク日本人会ニューフェースの
若手男子(ここ、強調)2人も加わりました。


カメのようにのろい(笑)パドリングを続けながらポイントまでたどり着き、
師匠とサーフガイドの助けを借りながら、波を待ちます。
よーし、次来るぞ、パドリングしてGOGO!
とにかく波に対してボードを直角にしてがむしゃらにパドリングを始めると、波が来た来た!
ざざざーーっと私のボードが波に乗っていきます。
わーー、気持ちいい、本当に「乗ってる」って感じ~~。
腹ばいになって乗ってるだけでも爽快です。

がしかしここからが地獄。波に乗ったら乗った分、ポイントまでパドリングをしなければなりません。
ぬあんてきつい作業なんでしょう!!
今までサーフィンといえば、華麗に波に乗っている写真や映像しか見た事がなかったので、
このパドリングという作業がある事を全く意識していなかった私が浅はかだった。。。
カメパドを続けながらやっとこさポイントに着く、という気の長い作業を続けながらも
2日間でどうにか数回(たったの!)、波に乗る事が出来ました。
今回は立つところまではいかなかったけれど、大満足です。

kuta05.jpg
片ひざ立ちまでは何とか。きちんと立つまでどのぐらいかかるかな??
(撮影:斉藤まゆみさん)


kuta06.jpg
体を動かした後のビール&夕食はサイコーですね。
久々の爽快感を味わいました。


今日からまた日常。肩も筋肉痛ですが、普段通りの日々の始まりです。
がしかし毎日の雑巾がけも腕や肩の筋力アップと思えば、やりがいがあるってもんでは
ありませんか?!

kuta07.jpg
斉藤ご夫妻。健一さんの厳しくも暖かいご指導のお陰で楽しい3日間を
過ごす事が出来ました。
まゆみさんは本当に色んな事に気がつくし、全てにおいてテキパキしていて
ぼんやり主婦の私は頭が下がります。おにぎり&お味噌汁も最高でした!
これに懲りず、これからも宜しく(ぺこり)お願い致します。

kuta08.jpg
師匠~~!あまり上手に撮れなくてすみませんです。

まゆみさんのブログはこちらからです。グルプックの波情報、日々の暮らしなど
ほぼ毎日更新されていますので、ぜひご覧下さい!

『人気ブログランキング』に参加しました!
よろしかったらどうぞ、ポチッとお願い致します
人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

久しぶりに三線弾いてみた。 [好きなコト、好きなモノ]

ロンボクに戻って早々、夜の寒さにやられて風邪を引いてしまいました。
今の季節、皆さんの想像以上にロンボクの朝晩は冷え込む事が多いです。
うっかり南国常夏の気分で薄着で薄いタオルケットなどで寝ようものなら朝方、さむーいと
なってしまいます。(今回の私ですが(笑))
それにしても情けない事よ!以前はあんまり風邪を引かないカラダだったのに
ここ最近、軟弱化しています。基礎体力、もっとつけないといけないな~~。

ようやく昨日あたりから大分調子も戻りましたが、、まだウロチョロするのも億劫という
まったりした状態の中、久々にmy三線を取り出してみました。
三線とはご存知、沖縄の三味線の事です。
沖縄にはまっていた頃、友達と3人で三線を習い始めました。

sanshin_2.jpg
遠路はるばる運んだmy三線。
蛇の皮を張るのですが、私のは入門向け、価格もお手軽な合成皮です。


三線弾いてみたい~という気持ちだけで、沖縄民謡のあれこれはあまりわかってない状態で
巡り合った先生は石垣島のすぐ近くに浮かんでいる竹富島という小さな島の出身の方でした。

そこでその先生から習い始めたのが八重山の古典民謡。
沖縄の方言はなかなか理解しずらいものですが、
さらに古典という事で歌詞日本語離れしています。
まずは先生に歌の意味を説明していただき、あとはひたすら丸暗記するのみ。

sanshin_1.jpg
知ってる方も多いと思います「あさどやゆんた」の楽譜。
三線の音階は漢字で表します。


最初は古典かあ~。もっと現代音楽とミックスしたような口語体のがやりたかったなあなどと
思っていたのですが、やり始めるとこれがまあ、何としみじみと味のある事。
すぐにそのわびさびといいますか、味わいに惹かれていきました。

sanshin_3.jpg
色んな民謡を聴いて覚えたいと買った民謡集のCD。

さていざ、つまびこうと思ったけれど、まずは調弦だけで四苦八苦、
随分と時間がかかってしまいました。
つまびくなんて格好つけて書きましたが、下手の横好きでやっていただけの事。
いやー、かなり忘れている。えっと、あれー?と、しどろもどろです。
でも楽譜を見ながらつたなく何曲が弾いてみましたが、やっぱり楽しい。
南国の地で、民謡をつまびいて・・・なんてのんびーりとしたひとときを想像して
頑張って持ってきたものの、何となく日々の生活に追われて弾かなくなってしまった三線。
三線だけでなく、色々楽しい思い出を作ってくださった先生も亡くなってしまった今、
時折は、当分行けないであろう八重山諸島のあれこれを思い出しながら三線に触れようかな。

hata.jpg
もうすぐ独立記念日。この時期になると多くの家で国旗を掲げます。我が家でも一応毎年やってます。
そういや、私が子供の頃、日本でも祝日に日の丸を掲げていたおうちが結構あったなあ。
(実家ではやらなかったが)いつの間にか日本はそういう事、しなくなりましたね。

我が家のブンガ(花)たち [好きなコト、好きなモノ]

我が家が出来た時、お庭をお花と緑で一杯にしたかった。ガーデニングなんちゅうものを優雅に
やりたかったのです。そこでまず芝生を敷き、草花を植えプランターにバラの花を植えました。
が、しかし。それらはうちのワンコどもに見事にやられてしまい、すっかりなくなってしまいました(涙)。

bunga9.jpg
今は亡きマワール(バラ)。
現在私達のお店のロゴとして生き続けています。


そこでじかに植物を植えるのは諦め、鉢植えでしかも面倒のかからない花を選びました。
名前はアデニウム。砂漠のバラとも言われ、熱帯アフリカ産の多肉植物です。
茎の根元がぷくっとユニークにふくらみ、ちょっと不思議なシルエットの草木です。
砂漠とつくぐらいなので乾燥や暑さに強く、逆に水をやりすぎると根が腐ってしまいます。
まさに我が家にはぴったり。

アデニウムは1、2年前にモテモテで植木屋さんにはずらりとこの花が並び、珍しい品種、
大きな物は何ジュタ(ン万円)にもなっていました。
インドネシア人は接木好きで、この花も接木に向いているので一本の木から何種類ものアデニウムを
咲かせる事が出来ます。殆ど通年咲いていてくれるのも嬉しいっ。

bunga10.jpg
色々な種類があるアデニウム。
我が家でも接木をして一本の草木から違う色合いの花が咲いてます。


bunga11.jpg
お尻みたいな根元。           こちらはツイストしまくってます。

次はEphorbia。ネットで探してみたのですが、日本名は分かりません。
(どなたかご存知の方がいらしたら教えてください。)
1年ぐらい前からブームとなり、今やどこの家庭にも見かける程ポピュラーな草木です。
これも、さも砂漠に咲いていそうなごっつい花です。幹にはするどい棘がいっぱいあって
ちょっと触れただけでもすごーく痛い。
葉も肉厚でちぎるとべたべたした白い液体が出てきてちょっと不気味。
この草木も水はあまりいらないので楽チンです。
bunga8.jpg
数え切れないほど色んな種類のあるEphorbia。

bunga13.jpg
ずらっと並んだEphorbia。               可愛いお花とは裏腹な鋭い棘。

そしてEphorbiaを買いに行った時、なんとなく目について
気に入ってしまったのが、Melati Air。直訳すると「水ジャスミン」ですが
どう見てもジャスミンとはちょっと違います。
この草木は常にお水がひたひたの状態でないといけません。
お花はひとつの茎から毎日2、3個ずつ咲いて1日しかもちません。
一本の茎にたくさんのつぼみがついて毎日順番に開花していって、全てが終わるとその茎は終わり。
また新しい茎がにょきにょき出てくるというちょっと不思議なお花です。

bunga1.jpg
Melati Air。可憐さがたまらないです。

最後は蘭。これは頂いたものです。お花が一杯ついていて楽しませてくれたのですが、
全てのお花が落ち、枯れた茎だけになってしまって、これからどうしたらいいの??
状態だったのですが、いつの日か新しい芽がニョキっと出てきました。なのにお世話の方法がいまいち
分かっていないのでせっかく出てきた新しい芽は間もなく枯れてしまい、ショック。
もう駄目かと思っていたら、また新しい芽が!生命力って凄いですねえ。
まだまだちゃんと生きているんです。
今度こそ、枯れないように慎重に扱っているところです。

bunga12.jpg
左下、新しい芽が出てきています。右側の新芽は枯れてしまってかわいそうでした。

本当はバラもまた欲しいし、咲き乱れてるブーゲンビリアも欲しいし
(うちのは葉っぱばかりで花が咲かない。ど~して?!)、じかに植える草花も欲しい・・・!
でも今の状況では動物の手の届かないところに置いて育てるしかないのがちょっと残念。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
好きなコト、好きなモノ ブログトップ
shop_logo_100_80.jpg
★南洋真珠、シルバーアクセサリーのお店★
blog.jpg
☆Dewiの犬+猫+ロンボク暮らしブログ☆ Junko Kadoi

バナーを作成
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。